本の言葉 ~私の読書ノート~

文学、哲学、宗教、自己啓発、ビジネス、脳科学、心理学、男女関係… 500冊の本の名言

旧江戸川乱歩邸

      2019/08/03

旧江戸川乱歩邸(立教大学江戸川乱歩記念 大衆文化研究センター)

旧江戸川乱歩邸

東京、池袋駅から、立教大学を見ながら歩くと、旧江戸川乱歩邸がある。現在、ここは立教大学が管理しており、乱歩研究を核とした立教大学江戸川乱歩記念 大衆文化センターとなっている。乱歩のご子息は心理学者で、立教大学名誉教授。

旧江戸川乱歩邸

乱歩は、引っ越し魔として知られる。生涯で引っ越しは46回と言われているようだ。東京だけでも26カ所転居を繰り返した。そして、ここが終の住処となった。引っ越し魔だった彼が30年以上ここに住んだ。写真は玄関で、ちょっとした展示がされている。

旧江戸川乱歩邸

有名な土蔵。マンションに囲まれている。やっぱりちょっと怪しい雰囲気を感じてしまう。

旧江戸川乱歩邸

土蔵の中には、書籍が収蔵されている。土蔵の中には立ち入れない。入口からガラス越しに覗く。

夏目漱石や敬愛した谷崎潤一郎、ドストエフスキーなどの全集がある。エウリピデス、ソポクレスなどのギリシャ悲劇、キュルケゴール、ニーチェなどの哲学書も見られる。

注)見学日は限られているので、訪れる際には公式サイトをチェック。

自由学園明日館

池袋といえば、自由学園明日館がある。乱歩邸から徒歩10分程度。直線的な美しいデザイン・設計は、アメリカの建築家 フランク・ロイド・ライトとその弟子 遠藤新によるもの。国の重要文化財。

喫茶付きの入場料で大人600円。(喫茶なしの入場は大人400円)お茶飲みがてらに行ってもいいかもしれない。








 - 文学館巡り