本の言葉 ~私の読書ノート~

文学、哲学、宗教、自己啓発、ビジネス、脳科学、心理学、男女関係… 500冊の本の名言

『死後体験Ⅳ 2012人類大転換』 坂本政道

      2016/02/21

思いつくとか、想像するということは、実は、すでにそこにあるものをこちらが感知し、それをそこに思うから、見えてくるということなのではないだろうか。

自分の自由意志で何かを想像するのではなく、すでにそこにあるものを無意識に感知し、あたかも自分で思いついたかのように想像すると、それが見えてくる(現れてくる)のである。火のないところに煙は立たずだ。だから、非物質界では積極的に想像することが効果的で、知覚力を高めると言われている。

地球生命系にはひとつ大きな落とし穴があった。それは、一度入るとやみつきになって出られないという点である。自分がどこから来たのかもすっかり忘れ、ひたすら欲を求めて輪廻するはめになる。

生きている我々が今すべきことは、死後に対する誤った信念から離れ、死後フォーカス27へ直行できるようになることである。








 - スピリチャル > ヘミシンク